©2019 by Urara Matsubayashi.

 
検索
  • Urara

顔。


乾燥すると、すぐできるやつ。ニキビ。吹き出物。

1つできると「体の不調かな」「不摂生かな」「ストレスかな」とも思うのと

次の日の朝、鏡を見て、もう最悪な状態の気持ちになるのよね。

社会に顔を晒したくない。

マスクで顔全体を覆いたいな、

今日は顔を全部見せたく無いっていう遮断の日ってあるよねえ??

下着みたいなマスクが欲しいよね。見ないでって思う。でも、それって被害妄想の気のせいなんだよ。他人って実はそこまで他人のこと気にしてないんだよ。知ってた?わたしは・・最近、知ってきました(笑)


たまに顔をぎゅっと虐めたくなる。

自撮りってよく我々はしてるんですけど(みんなじゃないw)顔の成長って確かにあるのね。

わたし、小さい時から比べるとだいぶ顔が違うのね。

変遷を自分なりに見ていくと、どうも違うのね。

"整形”はしていないんだけど(?)、(整形って、どこまでが整形??昔々、右頬のホクロが大っ嫌いで韓国でとりました。また生まれてきました。もうチャームポイントとして生きていくことにホクロ君と決めた)

毎日自分の顔を鏡でじっくり見つめてみる時があるよね。

中学生のときや、高校生のときは気づくと、手鏡ばっかりみて「うららは自分のこと可愛いって思ってる」ぶりっこだ!というレッテルが貼られた事があったのね。でもそれ、なにを鏡で確かめてんだろうって、分析してみたわけ。「未来を見ているんです」というスピリチュアルな発言をしてきた幼い(?)自分がいたのだけど、最高に自分がイケてる時の顔と、そうじゃない時の顔の比率を確かめてるんだよね。

よく最近は「あざとい」女子が流行り?出しているのだけど、自分が素敵だって思うことは決して悪いことじゃないし、他人にどう思われても自分が良ければいいんだよ。

最近のわたしの顔は、どうも濃くなってきている。なぜだい?

誰かに「ブス!」って言われたら、受け入れようっていう社交性は身に付いてきたつもりなんだけれど、自分で今日は最高にブスだな!死んじまえ!顔!って思うメンヘラ体質でもあるわたしが存在します。

(でも、実際に人から褒められるとどうしていいか分かんない。めんどくセーw)


自分の顔の変遷を確かめてみると面白いよ。

表情を豊かにできる人は、美しいよね。顔や表情というのは心の鏡。

心も美しい人、なのかな。

本物の"美しい”の定義を模索中です。


今日は暖かいから、顔はきっと、火照るし、肌はつるんとしている。

ニキビさんが嫌いだよ。共存して退治しよう。

自分にしかわからない"顔”の状態、ありますよねん。



ではでは。


Urara

60回の閲覧1件のコメント