©2019 by Urara Matsubayashi.

 
検索
  • Urara

あいが、そいで、こい

青春まっしぐらな映画を観た。

小難しい映画が大好きな私ですが、ど直球の青春ものは久しぶり。

若々しさを取り戻した感じ。ラムネみたい。なんかシュワっとした!

夏に自転車で、気になる子の後ろに乗っけてもらっちゃったりしてさ。ぽかぽかその子の背中を叩くのね。なんで、いじわるするの!好きなくせに!

味わいたいね。もう一度。タイトルがまた、よいね。

誰か異なる人の人生に入り込む。自分ではない人間の人生を演じる。そこに生きることはとても疲れる。そう感じられる瞬間を追い求めている。俳優として生きる理由。人間ってみんな、その場の環境で顔が違ってみえる。きっと皆色んな顔を演じ分けている。でも女性って男性よりも演技をしていると思うの。演じることが必須なの。どこでも。





75回の閲覧1件のコメント